東京での自然葬について

main-img

自然葬とは、墓石を用いたお墓ではなく、遺骨を直接自然へ帰したり、墓標として人工物を用いていないことを指します。

日本経済新聞情報サイトの利用価値をご存知ですか。

自然葬は、お墓の中ではなく、海や山に遺灰を還すことで、自然の大きな循環の中に回帰していこうとする葬送の方法です。
風葬、鳥葬、水葬、火葬、土葬、樹木葬などがあげられます。
近年この自然葬を希望する方が急増しているのが現状です。

純粋に自然に戻りたいという気持ちから希望したり、現代の少子高齢化によるお墓の継承問題、子や孫にお墓の手間をかけたくない、核家族化、代々のお墓が遠方にあるなどの理由からの希望も多いのです。その中でも特に人気があるのが樹木葬です。これは、霊園の敷地や自然の山へ木や草花を植えその下に骨を埋葬する方法で、東京都内の多くの霊園でも行っています。
自分の住んでいるところから近い、職場から近いなどの理由で東京で自分の永遠の眠りをおさめたいと希望する人が多いためです。



また、子孫たちがお参りをしやすい環境ということもあり、東京での自然葬のニーズは年々増加しているのです。
墓石建立に比べて費用が抑えられたり、霊園側が永代供養をしてくれるのでお墓の管理や維持の手間がいらないというメリットがあるのが人気の大きな理由です。

また、自然葬は現代のエコ問題にも大きな利点があり、自然環境にやさしい方法としても注目されています。

神奈川の永代供養について調べるなら、こちらをご覧ください。

自然に育てられ生きてきた人間が自然に還るというのは、命の循環として望ましく理想的なものという考えも多くあるのです。

関連リンク

subpage01

東京での樹木葬について

樹木葬とは、墓石のかわりに樹木や花を墓標とし、その下に直接、またはさらしなどに包んだり、土に触れると分解していく骨壺に入れて遺骨を埋葬するという葬儀方法です。東京都では、2012年に東京都立小平霊園が最初の葬儀を行いました。...

more
subpage02

東京の樹木葬について

樹木葬では、これまで使用されていた墓石に代わり、樹木や草花などを埋葬場所の近くに植えることで行われます。海洋葬とは異なり、特定の場所で故人を弔うことができるために人気もあり、東京においては、現在、約30ヵ所程度の樹木葬墓地が存在しています。...

more